みけねこぶろぐ

なんか適当に遊んだりしたことをかいたり同人活動の告知をしたりするぶろぐ 詳しくはプロフィールとかみてね

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビのスピーカーでいろいろ

2014.12.05 (Fri)
ハードオフネタばかりで申し訳ないんですが今回も大事があったのでブログに

例によって長いので続きから

ハードオフのジャンクコーナーでSONYのAPM-X5Aというスピーカーを見つけました


第一印象は「テレビの横に付けられそう!!」で
次の瞬間にはレジにいました 恐ろしいですね
スピーカーの詳細については何故かはてなキーワードに乗ってたのでそちらで
http://d.hatena.ne.jp/keyword/APM-X5A

このスピーカーでやってみたかったことはもちろん


こういうこと

最初は木材かなんかにネジ打ちしてテレビに固定しようかなあなんて思ってたんですが
何気なく父親に相談してみたところ「ステーを貸せ」と言われ


なんとかうまくしてくれました やべえ(語彙不足)



テレビの幅で鉄板を曲げて上から被せるような形式でステーを固定してくれたのです いや相当素晴らしいよこれ 感謝感激雨あられ

ということでコンポのAUX入力を利用してテレビのヘッドホン出力からこちらのスピーカーへ音を出力
あまりの音質の良さに涙を流しているとこれでゲームをしたくなり
IIDXを起動することに

遅延やばい!なにこれ!ゲームにならない!

ヘッドホン出力からコンポに行きそこからスピーカーに出力しているのでものすごい遅延です PS2を起動した瞬間にもうわかりました ああこりゃあもうゲームにならんなと 案の定でした

早速詰んだ感じです
なにせ(地デジチューナーついてますが)ゲームでしか用途がないテレビなのに肝心のスピーカーによってゲームができないというこの人の手を借りてまでの飾りルートが目の前に
なんとか遅延を無くす方法は無いかと考え考え考えぬいた結果思いついた答えが

テレビ本体のスピーカーの配線を表に出してスピーカーに直で繋げてしまおうという方法
カテゴリー分けをするならばスピーカーの交換といったところですね

少し調べてみると「液晶テレビの音質が良くない」という名目で数多くの人が同じ方法を取られているようです ネットは広い
やり方も思いついた方法と同じだったので難易度は低めな模様

ということで人生初☆テレビの改造を行うことに

ですが
ネットに流れている方法のほとんどはあくまで「液晶テレビ」であり、私のテレビは「ブラウン管テレビ」です

以下解説する内容について
ブラウン管に関わらずテレビの分解は本来推奨されない行為であり、特にブラウン管テレビの場合感電や真空状態によるガラスの爆散などの大変な危険性が伴います これらの事故が起こった場合、最悪死に繋がると言っても過言ではありません
真似するな、なんて偉そうなこと言えないんですが 真似される方はくれぐれも自己責任で
危険性などを十分に理解し、万全の覚悟で挑んで下さい

私は参考サイトにあふれるこのプレッシャーで作業前から死にかけてました ホント怖かったですマジ

私の使っているテレビのいわゆる危険な部分はこのゴムキャップみたいな部分
ここにたくさんの電気が溜まってんなあオイ


ちょっとわかりづらいと思いますがこれは上の部分です
今回スピーカーは下の方についてるので余程のことがない限り感電の危険性はありませんが、左右にスピーカーがついてる場合、またこのゴムキャップが側面についてる場合があるみたいなので、そういう場合はホント気をつけて下さい

これがテレビのスピーカーです 赤白のケーブルがくっついています


今回これを切断し


以前ジャンクコーナーで入手したスピーカーケーブルを接続します テレビの横にあれば良いので6、70cmあれば十分良いかなと

接続においては端子化等の方法もありますが端子化は失敗した際の処理がかなり面倒で、またケーブルが細いとうまく誘電できないのでおすすめしません
よじり合わせた後にハンダで固めるのが一番良いですが今回ハンダを切らしていたためそのまま絶縁テープで巻くことにします

これをテレビの底面などの隙間から差し込み内部へ



テレビのスピーカー線に歴史的瞬間が起こります



その時歴史が動いた



スピーカーケーブルと接続するためにテレビ側とも両側の絶縁被覆を剥いて心線を出してよじり合わせます


手先が不器用な私にとっては、ここが一番面倒でした 心線の本数が全然違うのでよじり合わせづらいったらもう

うまく合わせたらすかさず絶縁テープを巻きますが、


この画像のやり方実はかなり間違えてます!気づかないで作業してました
スピーカーケーブルにはプラスとマイナスがあり、それぞれが混合すると正しい音が鳴りません
この画像だと全部一緒にまとめてしまっているので混合してしまい、今言ったように正しい音が出ませんでした
正しいやり方は「プラスはプラス、マイナスはマイナス」で別々に絶縁テープを巻きます
かなり初歩的な話なんですが失敗してしまうと初歩的なだけになかなか気付けません

さてこれらの作業をもう片側にも行い、テレビの裏蓋を閉め、ケーブルの長さを整えます
この時スピーカーケーブルを引っ張りすぎて接続が抜けないように注意です

テレビを定位置に戻し、スピーカーを配線して動作確認
問題がなければ接続したスピーカーから迫力ある音が出るはずです
お疲れ様でした私 いやホント音質やばい死ぬわこれ

IIDXで遅延の有無を確認してみましたが遅延は見事に消えました!なにせテレビの配線引き出してますからね!遅延ある方がおかしいぜ!

ということでしばらくは快適な音質でゲームやテレビ番組が楽しめそうです
スポンサーサイト

コメント

No title
世界に1台のテレビいいね!
音がよくなるのは大きいですね。
Re: No title
ホントに音質よいスピーカーだったのでなんとしてでも使いたかったんですよね
危険が伴いますけどやってよかったです

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。