みけねこぶろぐ

なんか適当に遊んだりしたことをかいたり同人活動の告知をしたりするぶろぐ 詳しくはプロフィールとかみてね

DELL 1707FPのジャンクを買ったよ

2013.05.12 (Sun)
毎週のごとく市内のハードオフに通っているわけですが
本日ジャンクコーナーにてDELLの1707FPという液晶ディスプレイが1050円で売っていたので衝動買いしてしまいました
写真 2013-05-12 18 10 17

この型番の特徴は画像のように90度画面を回転して縦画面表示に出来るピボット機能です
この機能については後述します

ジャンク品タグには『電源ボタンの効きがかなり悪いです』と書いてありました
帰って早速見てみると、確かに電源ボタンがなんというかむっちゃ固い
他のボタンにはあるカチカチした反応は全く皆無です

しかし通電したときに電源は予めついていたので電源ボタンと格闘するまでもなく普通に使うことができました
自分は使わないときコンセントごと抜くタイプなので一回ついてしまえばどうにでもなっちゃうのです


パソコンに接続し、起動して一言
写真 2013-05-12 21 10 01

『画面ムラすげー』

ジャンク品タグには一切書いてなかったことでした
通常仕様には支障がない程度ですが
白地だとむっちゃくちゃ目立つのになぜ書かなかったんでしょうかね・・


画像を見て分かった方もいるかと思いますが
Windows2000のセカンダリマシンにて接続しています

今までこのPCには三菱のRDT141Rというそれはもう古いモニターを使っていたのですが
画面サイズ的には1024*768でちょうどいいのですが、なにしろ年月劣化でちょっと画面の明度が悪いというか
BMSとかやってると青鍵が全く見えなかったんですよね・・

今回このモニターに交換してみて
まず解像度が1280*1024と格段に上がったこと
そして明度が悪いなんてこともありませんねBMSで青鍵がくっきり見えます

若干色ムラが気になりますが筐体や画面には大きな傷は見られないですし
USBハブ搭載と拡張性にも優れているので
若干不具合があるとはいえ1050円でこれだけのものを買えるなんて素晴らしいと思いました


レビューはここまでとして続きではじめに触れたピボット機能について書きます
見たい人だけ続きからどうぞ
最近のPCではOSのプロパティだけで縦画面表示に対応していますが
今回接続したPCはWindows2000なのでそんな項目は無くグラフィック側で設定する必要がありました

今回のPCのグラフィックはIntel Extreme Graphicsなのでこれにそって解説します

はじめに、この縦画面表示に関連してくるかはわかりませんがDELL公式にてinfファイルが配布されているのでDL、インストールしておきます
インストール方法は英語ですが同梱のテキストに書いてあるのでここでは割愛します


コントロールパネルから「Intel(R) Extreme Graphics」を選択
04_20130512230934.png
懐かしいです

「デバイス」タブの「画面領域」から縦画面に対応した解像度が選択出来ますが768*1024以降の解像度が選択出来ません
03_20130512230933.png

「ローテーション」タブで画面の回転を選択することができますが現時点では縦方向への回転は出来ません
02_20130512230931.png
しかしここでご丁寧に注釈が

この注釈に従い設定していきます

コントロールパネル > 画面 より設定画面を開き
「設定」タブから「詳細」をクリックし、「モニタ」タブを選択
05.png
「このモニタでは表示できないモードを隠す」にチェックが入っていると思うのでこれを外します

再度グラフィックの設定画面へ戻ると縦回転が設定できるようになっているので「90度」を選択し「適用」をクリック
06.png


07.png

なんということでしょう

写真 2013-05-12 21 43 30

横画面が縦画面に変身したではありませんか


私の使っているWindows7では解像度の設定の画面だけで方向を指定することが出来ましたが
古いOSとなるとこのように若干面倒な設定がいりますね

さてこの機能
サブモニタとして縦長でブラウザ閲覧をしたりいろんな変態作業をするのにピッタリな機能ですね
私もこれから使っていこうと思います
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック