みけねこぶろぐ

なんか適当に遊んだりしたことをかいたり同人活動の告知をしたりするぶろぐ 詳しくはプロフィールとかみてね

DJ MAN

2011.06.18 (Sat)
前々々回の記事で修理したbemaniコンですが
結局また壊れて、今度はポッキリいってしまい直すことも出来なくなってしまったので
新たに購入することに

どうせ買いなおすんなら弐寺の専コンの方が良いに決まってるんですが
そんなもの買う金も無いしそもそもPS2が手に入るかも微妙なので一時しのぎでまた5鍵の買うかてな感じで
ハードオフへ行ったらジャンクで「DJ MAN」なるものを発見 価格525円
同じアスキーコン買うよりは違う方が気分的にはいいのでこちらを購入 ちなみに弐寺コンは売っていませんでした

この「DJ MAN」、特徴としては
・鍵盤を押すと光る
・TVのオーディオ端子に接続すると音楽に合わせてターンテーブルが光る(らしい、まだ未確認)
・振動リストパック
・ピアノを意識した鍵盤
等が挙げられます
PSのロゴが無いあたりSONYのライセンスは取得していない模様

家に帰って開けてみると
中古品な故に振動リストパックが付属していませんでした
まあ無くてもプレイに支障はきたさないしあってもどうせ使わないのでスルー
あとこれは中古のせいなのか分かりませんがターンテーブルの動きが固く回しにくいです

早速ビーマニを起動したんですが
なにやらこれ鍵盤を強く押さないと反応しません
試しに一曲プレイ

・・出来たもんじゃありません
その時20,novemberをプレイしたんですが先述したとおり鍵盤を強く押さないと反応しないので連打なんかもってのほか

やはり流石の中古クオリティ
しかしここで断念するわけにはいきません
分解して感度を上げることにしました

構造は通常の専コンとほぼ変わらず鍵盤から乳首みたいなゴムを経由して入力するタイプ
とりあえずゴムを取り外してみて適当にベコベコ遊んだ後またはめ直します
ついでにターンテーブルにグリスを塗ってネジは緩くしました
その結果、白鍵盤はなんとか感度を回復して軽く押せば反応するようになりましたが
黒鍵盤の感度とターンテーブルの回し心地は変わらずです
なんだかなあ どうやって直すもんなのか

変わらずと言っても最初の時よりはマシになったので当分はこの状態で使うことにします
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック