みけねこぶろぐ

なんか適当に遊んだりしたことをかいたり同人活動の告知をしたりするぶろぐ 詳しくはプロフィールとかみてね

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピスコラ講座

2011.03.06 (Sun)
今回はピスコラ講座です はい、記事のネタが無いんですよええ・・

正式名称をピストンコラージュと言いまして主にChiptune系の音楽が作れるDTMソフトですがWaveファイルも読み込め音合わせが安易ということで音MADでも重宝されるソフトです

長くなると思うので詳細は続きから
まずは作者様のサイトで本体を落としましょう、右メニューの♪アイコンです
zipで圧縮されていますので特別なアーカイバは必要ありません

展開をしましたらいろいろなファイルがありますがアプリケーションとしては
・ptCollage(本体)
・ptNoise(音源作成)
・ptPlayer(プロジェクトファイル再生)
・ptVoice(音源作成)
の4つが入ってます
今回解説するptCollage以外のアプリケーションは専門外の為割愛させて頂きますがptNoise以外は説明しなくても分かると思います 自分ですら分かりました
なお、I am 外人という人は同梱されているjapanese.icoファイルを別フォルダに移動するか削除すると英語化されます

では起動してみましょう バージョンによると思いますが最初はこんな画面です シンプルですね
pxtone
とりあえず音源を入れてみましょう VOICEタブで+のアイコンをクリックします
場所は初期状態では\pxtone\my_materialです
音源選択
これはピスコラ専用のサンプル音源です 音源が同梱されているということなので落とした瞬間から作曲が出来ます 親切ですね
なおこれらの音源はptNiose、pcVoiceにて作成することが出来ますが先述のとおり専門外なので説明できません
クリックすると音が鳴るので好きな音源を探しましょう ダブルクリックで音源が入ります

あと予め「ユニットに追加」にチェックを入れておいてください
この作業をしないと音源を追加した後にまたUNITタブで音源を選択しなければいけません
面倒なので素直な人はチェックを入れておきましょう

自動なんぞわしゃ好かんという石頭の人は音源を選択した後UNITタブに行って+アイコンを押し、音源を選択してください
unit
いよいよ打ち込みです KEYBOARDタブをクリックしましょう ピアノロール君オッスオッス!
ピアノロールをクリックするとその音階に値した音が鳴ります
タイムラインをクリックするとオレンジ色のノートが置かれるのでそんな感じで打ち込んでいきます
右クリックで範囲指定してノートを削除することもできます

操作方法は基本的にMIDIと同じですがMIDIのように1つのユニットに複数ノートは置けません
つまりハモリがやりたければ最低でも2つのユニットが必要となります
えっくす!
タイムラインの緑色のバーをドラッグすることで範囲指定が出来ます
また上の画像のようにオニオンスキンを適用するにはUNITタブで青く表示させたいユニットを選択した後Ctrl+クリック、もしくはShift+クリックで上に表示させたいユニットを選択するかKEYBOARDタブで↑アイコンか↓アイコンを押してください
上手く説明できないのは自分の国語力不足なだけなんで許して下さい!何でもしますから!

言い忘れましたが打ち込む前にBPMを入力しておきましょう

BPM
Beats Per Minuteの略で、曲のテンポ(=速さ)を表す数値。
1分間に楽曲が何回ビートを刻むかということを指している。
主に1分間に何回4分音符を刻むかで書くことが多い。
(※音声MADwikiより抜粋)

画面上にあるPROJECTボタンを押して出てきたウィンドウの右下のドライバーみたいなアイコンを押して出てくるビートテンポというやつです
例えばナイト・オブ・ナイツは180、RED_ZONEなら165です

また音量やパン振りをしたい場合には画面下の▲VOLUME PANERをクリックします ▲のところです
いろいろ出てきますがVOLUME、PAN(VOLUME、TIME)で出来ます

とりあえず基本的なことはここまでです
何か不明な事がありましたらコメントなどで言ってくれれば回答出来るかもしれません
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。