みけねこぶろぐ

なんか適当に遊んだりしたことをかいたり同人活動の告知をしたりするぶろぐ 詳しくはプロフィールとかみてね

指定期間 の記事一覧

MacのキーボードをWindows機で使えるようにする

2013.09.15 (Sun)
ハードオフでMacのキーボードA1048を買いました
今このキーボードで書いてます
IMG_1992.jpg
手前の白いの

MacのキーボードですがUSB接続なのでDOS/V機(Windows機)に繋いでも普通に文字入力はできます
ですがCommandキーの存在やCapsLockキーの位置などWindowsのキーボードとは異なりそのままで使うのは難しいです

一般なWindowsキーボード
IMG_1993.jpg
Macキーボード
IMG_1988.jpg

例というか一番の問題点はCtrl(control)キーとCapsLockの位置が間逆なことです

私これでも作業をする身ですのでCtrl+ZなどCtrlキーを使う頻度がかなり多いです
Ctrlキーの位置が体に染み込んでるのでこれじゃ使いものにならないなーと

MacのキーボードをWindowsで使うという名目のソフトもありますが
それらのソフトでは用途が限られカバーできません

そこで今回KeySwapというソフトを使います
簡単にいえばキーの割り当てですね

管理者権限で起動して右側のキーから目的のキーをクリックし、変更したいキーボードのキーを押します
基本的にそれだけです 再起動しないと変更が反映されないのでそれだけ注意です
7fcd77c95d5f98070eec01abecabad47.png
私はこのように設定しました

IMG_1988_u.jpg

IMG_1989.jpg

またこのキーボードには半角全角キーがありません
下の英数キーで代替したかったんですがこのキーボードでは反応がありませんでした
なんというかハードウェアで認識されていないような感じがします
なので今回はF13キーで代用してます
それこそ位置が真逆になってしまいましたがそもそも代替キーも下なのであんまり変わらないかなと

とりあえず最大の目的のCtrlキーもこの設定で順調にストレスなく使えております


おまけ

このキーボード、USBポートが2つついています
IMG_1994.jpg
当環境でUSBメモリーを挿しPC認識を確認していますが
供給されている電源が微弱なので転送速度が遅いです
マウスとか繋げばいいと思います てか本来そういう目的なんじゃ
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »